ホークスのマイク・スコット 麻薬所持で逮捕!

【PR】

アトランタ・ホークスのパワーフォワード、マイク・スコットが、麻薬所持の容疑で逮捕された。

the Atlanta Journalによると、マリファナとMDMAを所持していた27歳のスコットは、20歳の弟と共に逮捕されたという。

スコットが麻薬所持で逮捕された情報をホークスは把握しているようだが、まだコメントは出していない。

スコットの逮捕により、ホークスではプライベートに問題を抱える選手が2人となってしまった。

クリス・コープランドの刺傷事件が起きた4月、タボ・セフォローシャは現場に居合わせ、警察の過度な対応によって足を骨折。警察の対応を巡り、裁判沙汰となっている。

スコットの詳しい状況については、近日中に明らかにされるだろう。

キャリア3年目を終えたスコットは昨季、レギュラーシーズン68試合に出場し、平均7.8得点、2.9リバウンド、FG成功率44.4%、3P成功率34.4%を記録。

ホークス躍進の一端を担っていた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By つくね

    マイクスコット好きだったのに…残念です…
    彼が無実だと信じたいです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      スコット、認めてしまいましたね・・・
      あとは使用してたかしてないかが焦点になりそうです(;_;)

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読