ケビン・デュラント カップケーキ片手にピース

【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがオクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を発表した数時間後、ラッセル・ウェストブルックは自信のSNS上に大量のカップケーキの写真を投稿した。

ウォリアーズをホームに迎えた際、サンダーのファンはカップケーキTシャツに身を包み、デュラントに厳しいブーイングを浴びせたが、ウォリアーズはこれを逆手に取り、カップケーキTシャツを着てデュラントをからかった。

そして、大リーグの試合観戦に訪れたデュラントが、タップケーキが乗った皿を片手にピースサインを決めたようだ。

デュラントにとって、もはやカップケーキは自身への批判を意味するものではなく、いじりのひとつのツールなのだろう。

ウェストブルック率いるサンダーがプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したことにより、プレイオフでの対戦は叶わなくなったが、来季も激しいバトルを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA