FAのJJ・レディック「シクサーズは再契約を望んでる」

【スポンサーリンク】

昨年夏に1年契約でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍したベテランシューターのJJ・レディックは、この夏にFAになる。

シクサーズの躍進にはベン・シモンズとジョエル・エンビードの牽引によるところが大きいが、レディックの貢献も評価されるべきだろう。

だが、シクサーズが夏のFA市場でビッグネーム獲得を狙う場合、FAのレディックに対して契約を渋る可能性も否定できない。

この件について、レディックは次のようにコメント。The Athleticが伝えている。

「俺たち全員が、俺に戻ってきてほしいと思ってる。そう確信してる。ただ、その心配をするのは俺の仕事じゃない。エージェントのブライアンに任せるよ。今後2カ月のイベントで決める」

シクサーズはレブロン・ジェイムス獲得に動くと噂されており、もしそうであればレディックはオファーを待たされる可能性がある。

果たしてシクサーズはレディックの貢献をどう評価しているのだろうか。

なお、今季のレディックはレギュラーシーズン70試合に出場し、平均30.2分のプレイで17.1得点(キャリアハイ)、2.5リバウンド(キャリアハイ)、3.0アシスト(キャリアハイ)、FG成功率46.0%、3P成功率42.0%を記録。

プレイオフでは10試合に出場し、平均34.2分のプレイで18.2得点、1.5リバウンド、2.6アシスト、FG成功率44.4%、3P成功率34.7%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA