【スポンサーリンク】

JR・スミス キャブス脱退で合意

レブロン・ジェイムスを失い、再建モードに突入したクリーヴランド・キャバリアーズは、コリン・セクストンなど若手を中心として立て直しを図っている。

そのため、キャブスのフロントオフィスは先日、カイル・コーバー、JR・スミス、チャニング・フライを呼び出し、今後チームの計画から外れる可能性があることを伝えたと報じられたが、スミスはキャブス脱退を求めて話し合いを続けていたようだ。

ESPNによると、キャブスとスミスはチーム脱退の方向で合意したという。

バイアウトのよる脱退なのか、それともトレードによる脱退なのかは明かされていないが、キャブスは以前からドラフト1巡目指名権を求めていると噂されている。

1巡目指名権とのトレードは難しいかもしれないが、早く移籍先が見つかることを祈りたい。

なお、今季のスミスは11試合に出場し、平均20.2分のプレイで6.7得点、1.6リバウンド、1.9アシスト、1.0スティール、FG成功率34.2%、3P成功率30.8%を記録。

NBAキャリアを通してニューオーリンズ・ホーネッツ、デンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ニックス、キャブスでレギュラーシーズン通算971試合に出場し、平均27.0分のプレイで12.5得点、3.2リバウンド、2.1アシスト、1.0スティール、FG成功率41.9%、3P成功率37.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA