【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチはレブロン・ジェイムスのNBAキャリア通算得点記録更新を狙う?「僕には無理」

ルカ・ドンチッチはレブロン・ジェイムスのNBAキャリア通算得点記録更新を狙う?「僕には無理」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、NBAキャリア20年目となる今季も30得点ゲームを連発している。

ジェイムスがNBAキャリア通算得点で首位に立つのも時間の問題だろう。

だが、近年のNBAでは得点を量産する若手選手たちが多く、彼らがジェイムスの記録を上回る可能性はゼロではない。

しかし、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチがそれを追い求めることはなさそうだ。

ドンチッチはジェイムスのNBAキャリア通算得点記録更新について質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

可能性は常にある。

だが、本当に難しいだろうね。

20年間もあのコンディションでプレイしているんだ。

どうやって身体を維持しているのだろう。

バスケットボールのスキルがなければ、身体を維持するのはすごく難しい。

僕には無理だ。

なぜなら、僕はあまり長くプレイしないだろうからね。

彼はすごいと思う。

20シーズン目で毎晩30~40得点を記録しているんだ。

ジェイムスは少なくともあと数年はプレイするだろうが、彼が引退する姿を想像するのは難しい。

だが、ジェイムスが引退した時、「誰が彼の後継者になるのか?」という議論が繰り広げられるだろう。

もちろんドンチッチはそこに入るだろうが、ジェイムスのNBAキャリアを上回るのは極めて難しいと言えそうだ。

なお、ジェイムスのNBAキャリア5年目までのスタッツとドンチッチのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

L・ジェイムスL・ドンチッチ
出場試合数391299
平均出場時間41.134.2
平均得点27.327.3
平均リバウンド6.98.6
平均アシスト6.68.1
平均スティール1.81.1
平均ターンオーバー3.34.0
FG成功率46.7%46.4%
3P成功率32.4%34.0%
フリースロー成功率72.8%73.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す