復帰のデイビッド・ヌワバ「膝はまだ痛い」

【スポンサーリンク】

右膝の負傷により9試合連続欠場していたクリーヴランド・キャバリアーズのデイビッド・ヌワバは、先日のニューヨーク・ニックス戦で復帰した。

その後もプレイし続け、膝は完治したかに思われたが、痛みを我慢しながらプレイしているようだ。

ヌワバは自身について次のようにコメント。cleveland.comが伝えている。

「(膝の状態は)良くはなってきてるけど、100%じゃない。今でもかなり痛みがある。戦わなきゃいけないことのひとつだ」

「プレイすることはできると感じたんだ。コートに出たかった。復帰する時だと感じたのさ」

「(接触やジャンプに)ためらうのは当然だと思う。ゲームになると、たくさんのアドレナリンが出る。だから、ためらうことについては考えてない。ただ、少しためらう時があるんだ。これを通して戦おうとしてる。すべてはメンタルさ」



ヌワバはこの夏にキャブスと契約。

ヌワバによると、治療を続けたものの改善の兆候が見られず、かつプレイできる状態であったため、復帰を決断したという。

とはいえ、高い身体能力を誇るプレイヤーであるだけに、膝の問題が長期化したいことを願いたい。

なお、今季のヌワバは17試合に出場し、平均16.5分のプレイで6.4得点、2.9リバウンド、0.7アシスト、FG成功率44.6%、3P成功率25.0%を記録。

キャリアを通してロサンゼルス・レイカーズ、シカゴ・ブルズ、キャブスでレギュラーシーズン通算107試合に出場し、平均21.7分のプレイで7.3得点、4.1リバウンド、1.2アシスト、FG成功率48.7%、3P成功率30.6%を記録している。


【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA