【スポンサーリンク】

ライオネル・ホリンズHC「デロン・ウィリアムスは重要なボールハンドラー」

ブルックリン・ネッツのデロン・ウィリアムスは、かつて現ロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポールと並び、NBAの2大ポイントガードとして称えられていた。

だが、度重なる怪我などの影響もあり、今ではオールスターに選ばれることもない。

それでもネッツがさらなる高みを目指すためには、ウィリアムスの復活が必要になるだろう。

2014-15シーズンからネッツの指揮を執るライオネル・ホリンズHCが、ウィリアムスについて次のように語った。

「彼(ウィリアムス)はポイントガードなんだ。ジャレット・ジャックとデロンは一緒にプレイすると思う。私はそうする。だけど、デロンにボールを持たせないって意味じゃないよ。ボールを運べる選手がコート上に2人いるとき、どっちがボールを持っていようと問題じゃない。でも、デロンはネッツにとって重要なボールハンドラーなんだ」

また、怪我から復帰するブルック・ロペスについては次のようにコメント。

「ブルックの動きはかなり良い。ジムでワークアウトしてコンディションを整えてるからね。嬉しいよ。健康でいることが大事だから。今の彼に制限はない。シーズン開幕の準備もできてると思う。トレーニングキャンプで様子を見てないとわからないけどね」

昨季中には何度も足首に何度も注射を打ち、シーズン終了後に両足首の手術を受けているだけに、特にウィリアムスの状態は気になるところだ。

もしウィリアムスとロペスがシーズンを通して本来の動きを見せることができれば、ネッツは面白いチームのひとつになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA