【スポンサーリンク】

ホーネッツのスティーブ・クリフォードHC「チームにはビッグマンが必要」

今年のドラフトで、シャーロット・ホーネッツはリバウンド能力に定評のある約2m8cmのビッグマン、ノア・ボンレーを獲得した。

だが、ボンレーはヘルニアを負い、この夏に手術。

復帰まで6~8週間程度かかると見られている。

トレーニングキャンプには参加できないうえ、プレシーズンにも間に合わない可能性があるため、ホーネッツにはボンレーをコーチングする時間がほとんどない。

ボンレーのローテーション入りを考えていたホーネッツのスティーブ・クリフォードHCは、この手術が出場時間の制限につながるとし、他のビッグマンの出場時間を増やすことを検討しているようだ。

「トレーニングキャンプでは多くのことをコーチングするから、(ボンレーが)参加できないことは出場時間に影響が出るだろうね。でも、彼はサマーリーグで進化した姿を見せてくれた」

「もし復帰を早めるとしても、練習の時間を十分に取れない。トレーニングキャンプは、チームと個人にとってシーズンを戦うための調整になるんだ。シーズン中には他のチームとの試合の準備に多くの時間を費やすことになるからね」

「ノアの怪我によって、ほかのビッグマンが必要になる。今、我々のロスターには4人の健康なビッグマン、マービン(・ウィリアムス)、コディ(・ゼラー)、アル(・ジェファーソン)、ビズ(ビスマック・ビヨンボ)がいるんだけど」

クリフォードHCは、ボンレーに多くの出場時間を与える構想があったという。

だが、ボンレーが怪我をしたことにより、ほかのビッグマンにとっては大きなチャンスとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA