【スポンサーリンク】

マーキーフ・モリス ケンタビアス・カルドウェル・ポープについて「ハートがない」

日本時間20日に行われたフェニックス・サンズ対デトロイト・ピストンズ戦は、サンズが88-86で接戦をものにした。

残り34.4秒にピストンズのケンタビアス・カルドウェル・ポープが3Pを沈め、ピストンズが1点のリードを奪ったが、直後にエリック・ブレッドソーのレイアップで逆転されてしまう。

残り5.9秒、ブランドン・ジェニングスのレイアップはブロックされ、そのボールはオープンで待っていたカルドウェル・ポープの手に。

決めれば逆転となっていたが、カルドウェル・ポープの3Pショットはリングを弾き、千載一遇のチャンスを逃してしまった。

逆転ショットを外したカルドウェル・ポープについて、サンズのマーキーフ・モリスが次のようにコメント。detroitnews.comが伝えている。

「知っての通り、彼にはハートがない。だから俺らは彼がミスするって分かってたんだ」

カルドウェル・ポープとモリスは第2Q中にちょっとしたいざこざを起こしており、モリスの発言はそのいざこざを根に持っていたためとも思われる。

なお、この試合でカルドウェル・ポープはFG13本中6本の15得点、3スティール、モリスはFG8本中5本の10得点、2スティールを記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA