【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール マシュー・デラベドバは「ダーティープレイヤー」

ジョン・ウォール マシュー・デラベドバは「ダーティープレイヤー」

マシュー・デラべドバはクリーヴランド・キャバリアーズに所属していた当時、ダーティープレイヤーなのか、それともハッスルプレイヤーなのか議論された。

ミルウォーキー・バックス移籍後は注目が薄まっていたが、先日のワシントン・ウィザーズ戦でのフレイグラントファウル2をきっかけに、再び議論が熱を帯びるかもしれない。

ウィザーズのブラッドリー・ビールがドライブを仕掛けた際、デラべドバはビールの上半身を故意に掴み、コートに倒れたビールは激高してデラべドバに詰め寄った。

デラベドバにはフレイグラントファウル2がコールされ、即刻退場処分となったわけだが、ビールの相棒であるジョン・ウォールは、以前からデラベドバをダーティープレイヤーだと思っていたようだ。

ウォールはデラベドバについて次のようにコメント。thesportsdaily.comが伝えている。

「俺は彼のことをいつもダーティープレイヤーだと思ってた。彼は素晴らしいよ。ハードにプレイするしね。それを彼から切り離すことはできない。だけど、彼はダーティープレイヤーだと思う」

「フルスピードの男の肩を掴んだりしないよね。腰とか他の部分を掴む。レフェリーは彼らがやらなきゃいけなかった仕事をして、彼を退場にした。それから、俺たちはバスケットボールをプレイし続けたんだ」

「不屈の精神を持つハードプレイヤー。それに、すごくフィジカルにプレイするオールドスクールタイプのプレイヤーのひとり。その点では彼をリスペクトする。ただ、ダーティープレイとなると、別だ。その点では彼をリスペクトしない」

一方のビールは試合後、デラベドバのダーティープレイについて「OKさ」とし、特に気にしていなかったようだが、大切なチームメイトがやられただけに、ウォールとしても我慢ならなかったのだろう。

デラベドバはダーティープレイヤーなのか、それともハッスルプレイヤーなのか。

ビールに対するフレイグラントファウル2をきっかけに、この議論は再び過熱することになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA