【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード オフィシャルに苦言?

ボストン・セルティックスとのカンファレンスセミファイナル第3戦も落とし、追い詰められたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ。

ホームで行われた第3戦はマルコ・ベリネリの劇的なジャンパーでオーバータイムに持ち込むも、終盤にアル・ホーフォードに活躍を許し、重要な一戦を落とした。

このゲームのヒーローは、やはりホーフォードだろう。

ホーフォードは13得点、6リバウンド、2アシスト、2スティール、3ブロックショットにとどまったものの、ファウルの数はゼロだ。

マッチアップされたジョエル・エンビードはホーフォードの貢献を称えながらも、次のように指摘。nesn.comが伝えている。

「どうやったら俺をディフェンスしてる人間がゼロファウルで終われるんだろう。俺には分からない」

ファーストラウンドでマイアミ・ヒートに勝利した後はタイトル獲得の自信をうかがわせていたエンビード。

絶対に負けられないシリーズ第4戦では、チームを勝利に導けるだろうか。

運命の第4戦は日本時間8日に行われる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA