【スポンサーリンク】

デイビッド・フィッツデールHC 解雇チャントについて「気にしてない」

再建中のニューヨーク・ニックスは今年の夏、カイリー・アービングやケビン・デュラント、ケンバ・ウォーカーといったスタープレーヤーの獲得に失敗した。

だが、ジュリアス・ランドルやボビー・ポーティスなど多才なプレイヤーたちを獲得に成功。

今季は昨季以上の成績を残し、再建期脱却の一歩となることが期待されている。

しかし、今季はまだ1勝しかあげることができていない。

ニックスファンの我慢も限界に達しつつあり、先日はデイビッド・フィッツデールHCに対して「クビ!フィッツデール!」というチャントを展開した。

これを受け、フィッツデールHCは次のようにコメント。the New York Postが伝えている。

「それについては考えてないよ。私が気にしてるのは、我々のパフォーマンスについてだ。他のみんながどう感じているか、それに私が巻き込まれるわけにはいかない」

レブロン・ジェイムスとドウェイン・ウェイドがマイアミ・ヒートに所属していた当時、アシスタントコーチとしてチームのタイトル獲得に貢献したフィッツデールHC。

ジェイムスやウェイドからの信頼は厚く、NBAの中でも有能なコーチのひとりと評価されているが、ニックスファンから信頼を得るにはまだまだ時間がかかりそうだ。

なお、ニックスは現時点でフィッツデールHCを解雇する計画はないと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA