【スポンサーリンク】

2012-13 NBAオールルーキー・セカンドチーム

前回は2012-13シーズンのNBAオールルーキー・ファーストチームに選出されたプレイヤーを紹介したが、今回はセカンドチームに選出されたプレイヤーを見てみよう。

アンドレ・ドラモンド(DET)

オールルーキー・セカンドチームで最多ポイントを獲得。

登録ポジションはセンターだが、フォワードのように器用なプレイもこなす。

ただ、多くのセンタープレイヤーと同じようにフリースローが極端に苦手だ。

コネティカット大からアーリーエントリーでNBA入りしたドラモンドは、まだ19歳。

今後が楽しみな選手である。

今季は平均7.9得点、7.6リバウンド、0.5アシスト、フリースロー成功率37.1%を記録した。

ヨナス・バランチュナス(TOR)

ユーロリーグでプレイしていたリトアニア出身のヨナス・バランチュナス。

213cm、111kgの恵まれた体格を活かし、2013-14シーズンは平均8.9得点、6.0リバウンド、0.7アシスト、1.3ブロックショットを記録した。

ちなみに、これまでジュニア世界選手権、U-16ユーロ選手権、U-18ユーロ選手権に出場し、MVPを受賞している。

マイケル・キッド・ギルクリスト(CHA)

ボブキャッツの救世主となれるか注目されているマイケル・キッド・ギルクリスト。

ケンタッキー大出身のギルクリストは、今季平均9.0得点、5.8リバウンド、1.5アシストを記録。

また、リーグ39位となる平均0.9ブロックも記録している。

カイル・シングラー(DET)

スペインリーグのレアル・マドリッドでプレイしていたカイル・シングラー。

すでにピストンズの主力として活躍している。

2012-13シーズンは平均8.8得点、4.0リバウンド、0.9アシストを記録した。

タイラー・ゼラー(CLE)

ノースカロライナ大出身のタイラー・ゼラー。

2012-13シーズンは平均7.9得点、5.7リバウンド、1.2アシスト、0.9ブロックショットを記録。

オフェンシブ・リバウンドではリーグ35位となる2.1リバウンドを記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA