【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール 2012-13TOP10プレイ

2010年のドラフトで1位指名を受けてNBA入りしたジョン・ウォール。

ワシントン・ウィザーズに入団したウォールは、ルーキーシーズンから目覚しい活躍をみせた。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーはブレイク・グリフィン(現ロサンゼルス・クリッパーズ)に譲ったものの、得点、アシスト、スティールとバランスの取れたプレイを披露し、デビュー戦から3試合連続で9スティール以上を記録。

ファンを魅了できるプレイヤーのひとりと言って良いだろう。

3年目を終えたウォールは2012-13シーズン、怪我に悩まされることとなった。

ウォール不在のウィザーズは勝ち星を挙げることができず、しばらくイースタン・カンファレンス最下位に低迷。

だが、ウォール復帰以降は勝利数を積み重ね、今季をカンファレンス12位(29勝53敗)で終えた。

次世代のスーパースターは、2012-13シーズンの対メンフィス・グリズリーズ戦でキャリアハイとなる47得点を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA