【スポンサーリンク】

JR・スミス 2012-13TOP10プレイ

2012-13シーズンのシックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたJR・スミスだが、彼の持ち味は切れ味鋭いクロスオーバー、そしてなんといってもクラッチタイムでの勝負強さだろう。

ニューヨーク・ニックスでプレイする27歳のスミスは、高校卒業後にNBA入り。

ルーキーイヤーはまずまずの成績を残すものの、その後は気性の荒さが目立ち、問題視され始める。

それにめげることもなくプレイを続け、徐々に評価を上げていったスミスだが、その卓越したバスケセンスはニックスで遂に開花したといっても良いだろう。

チームのエース、カーメロ・アンソニー不在時にはスミスがオフェンスを牽引し、幾度となくクラッチタイムでタフショットを決めてきた。

もしかしたらスミスは全盛期に入っているのかもしれない。

2012-13シーズンのスミスはあらゆる数字でキャリアハイを記録しており、どのチームにいっても即エースとして活躍できるのは間違いないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA