【スポンサーリンク】

クリス・ポールのNBA2012-13シーズンTOP10プレイ

クリス・ポールのNBA2012-13シーズンTOP10プレイ

NBAナンバーワンポイントガードと称される“CP3”ことクリス・ポールだが、ポール率いるロサンゼルス・クリッパーズはプレイオフ・ファーストラウンドで、メンフィス・グリズリーズの前にまさかの敗戦を喫してしまった。

クリッパーズを強豪チームへと成長させたポールは、決して体格に恵まれているわけではない。

公表身長は183cmだが、2m級の大男がひしめく中では小さい方だ。

それでも得点を量産できるのは、卓越したドリブルワーク、そして視野の広さがあるからなのだろう。

NBA入りした当時は3Pに難があると言われていたが、ここ数年で克服し、さらにオフェンスの幅を広げている。

ウェイクフォレスト大学出身のポールは、大学で2年を過ごした後、NBAにアーリーエントリー。

ニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)に入団し、早くもNBAスーパースターとしての頭角を現し始める。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されたポールは、2011年に当時弱小チームだったクリッパーズに移籍。

フロアリーダーとしてチームをまとめ、移籍した直後のシーズンからNBAプレイオフ進出に貢献した。

今オフにクリッパーズ残留を決断したポールには、NBA2013-14シーズンも華麗な“ロブシティ”を演出してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA