【スポンサーリンク】

マイケル・カーター・ウィリアムス トレードの噂を否定

NBA2013-14シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたマイケル・カーター・ウィリアムスにトレードの噂があがっている。

この噂を聞きつけたカーター・ウィリアムスがインタビューに応じ、トレードの可能性を否定した。

「気にもならなかったよ。俺とコーチ、GMの間には強い信頼関係があるんだ。どこにも出されないって確信してるよ。だから噂を聞いても気にならなかったのさ」

そう話すカーター・ウィリアムスだが、今年のNBAドラフトには注意を払っているようだ。

「誰がチームに来るのか興味がある。今年のドラフトの3人(アンドリュー・ウィギンス、ジャバリ・パーカー、ジョエル・エンビード)はみんなすごい選手だからね」

シーズン終了後に肩の手術を受けたカーター・ウィリアムスは、回復まで2~5ヶ月かかるとされている。

7月にオーランドとラスベガスで開催されるサマーリーグには間に合わないだろう。

だが、カーター・ウィリアムス本人はサマーリーグの出場について「回復次第だね」と話し、出場する可能性を示唆している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA