【スポンサーリンク】

2012-13シーズン 得点ランキング【7位~9位】

今回は2012-13レギュラーシーズンの得点ランキング7位~9位を振り返ってみたいと思う。

第7位 ステフィン・カリー(GSW)

2013年のプレイオフで一躍時の人となったステフィン・カリー。

多彩なドリブルワークや正確なショットが魅力だ。

  • 平均22.9得点(リーグ7位)
  • FG成功率45.1%
  • 3P成功率45.3%(同3位)
  • 平均6.9アシスト(同14位)
  • 平均1.62スティール(同16位)

第8位 カイリー・アービング(CLE)

2011-12シーズンはルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2012-13シーズンは怪我に悩まされたが、チームの主力であることに間違いない。

  • 平均22.5得点(リーグ8位)
  • FG成功率45.2%
  • 3P成功率39.1%(同36位)
  • FT成功率85.5%(同16位)

第9位 ドウェイン・ウェイド(MIA)

フランチャイズプレイヤーとしてチームを支えるドウェイン・ウェイド。

切れ味鋭いクロスオーバーと華麗なステップワークでディフェンスを翻弄する。

  • 平均21.2得点(同9位)
  • FG成功率52.1%(同18位)
  • 3P成功率25.8%
  • 平均1.86スティール(同6位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA