【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがロケッツへ移籍!

オールスターセンターのドワイト・ハワードが、ヒューストン・ロケッツへの移籍を決断したようだ。

NBAの規約上、正式な契約は日本時間11日からとなるものの、ハワードはロサンゼルス・レイカーズに退団の胸を伝えており、ロケッツへ移籍はほぼ確実と見てよいだろう。

ハワードといえば、オーランド・マジック時代の“ドワイト・メア(ナイトメアとドワイト・ハワードの造語)”で評判がガタ落ちしている。

わずか1年でレイカーズからの移籍を決断したハワードには、もしかしたらレイカーズファンから厳しい批判が浴びせられることになるかもしれない。

D・ハワード スカウティングリポート

ただ、ロケッツにとっては大きな戦力を確保したといえる。
2012-13シーズンに先発センターとしてプレイしていたオマー・アシックは、おそらくハワードの控えにまわるだろう。

稼ぎ頭のジェイムス・ハーデンとどのようなプレイを構築していくのか注目したいところだが、もしチームの成績を下げてしまうようなことになれば、ハワードの評価はさらに落ちてしまいかねない。

ただ、現在のNBAにおいてハワードは間違いなくトップクラスのセンターだ。
以前のようにリーグNo.1のセンターとは必ずしもいえないが、ロケッツのインサイドが強化されるのは間違いないだろう。

レイカーズに“ドワイト・メア”をもたらしたハワードの活躍に期待したい。

D・ハワード キャリアTOP10プレイ
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均10.5得点
  • 平均12.4リバウンド(リーグ1位)
  • 平均17.1得点(同27位)
  • FG成功率57.8(同2位)
  • 平均2.45ブロック(同5位)
  • 平均1.11スティール(同44位)
  • ダブルダブル48回(同2位)
  • 平均2.96ターンオーバー(同12位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA