【スポンサーリンク】

ステフェン・カリー 腿部の張りで出場時間制限か?

ステフェン・カリー

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリーが腿部の筋肉に張りを訴え、今後の試合では出場時間が制限される見込みとなった。

腿部に痛みを感じたのは、先週木曜の対ボストン・セルティックス戦からで、土曜の対アトランタ・ホークス戦でも痛みを抱えながらプレイしていたという。

自身の状態について、カリーは以下のようにコメント。

「前よりちょっと悪くなってるんだ。まだ我慢できる範囲内だけど、今以上に痛みが強くなる可能性もあるしね」

以前、マーク・ジャクソンHCはカリーの出場時間を制限することはないと話していたが、今回の事態を受けて両者で話し合い、出場時間の制限を決めたという。

これまでに右足首の手術を2度経験しているカリーは、痛みを抱えながらでもプレイできると話している。

事実、日本時間10日の対フェニックス・サンズでは先発出場しているようだ。

日本時間2月9日も対戦している両チームだが、その試合ではゴーラン・ドラギッチが34得点、10アシストを挙げ、サンズが勝利。

日本時間10日の試合でもカリーがドラギッチにマッチアップすると見られているが、ウォリアーズのマーク・ジャクソンHCは次のように話している。

「もしドラギッチを10得点以内に抑えることができれば、(カリーの状態について)良かったというだろうね。ドラギッチに30得点以上を許すようなら、腿部の状態が思わしくないんだと思う」

ウォリアーズを牽引するエースなだけに、カリーには万全の状態に戻してもらいたいものだ。

S・カリー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA