【スポンサーリンク】

自信を高めるステフィン・カリー

自信を高めるステフィン・カリー

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリーに対して、そのスコアリング能力の高さから「ポイントガードじゃない」という声も挙がっている。

それは嫌味でもなんでもなく、カリーを称賛する声だ。

父デル・カリーの遺伝子を引き継いだカリーは、大学でプレイしていた頃からNBAにインパクトを与えられるプレイヤーになれると感じていたようだ。

「大学の頃から、この光景を心に描いてた。NBAにインパクトを与えられるプレイヤーになれる自信があったんだ」

日本時間12月3日の対マイアミ・ヒート戦で、カリーは8本の3Pを含む36得点を記録。

さらに12アシスト、4スティールを挙げ、王者ヒートを打ちのめした。

試合後、ヒートのレブロン・ジェイムスとドウェイン・ウェイドは、「彼がシュートミスしてくれることを祈るしかない」と称賛。

ウォリアーズのマーク・ジャクソンHCは、「彼がオールスターに選ばれなければ、私は引退するよ」と冗談を飛ばし、カリーの異常なまでの活躍を喜んでいた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA