【スポンサーリンク】

ピストンズのジョディ・ミークス 腰の負傷で8週間の離脱へ

ジョディ・ミークス

デトロイト・ピストンズのシューター、ジョディ・ミークスが、腰の負傷で8週間程度離脱する模様。NBA.comが伝えている。

ロサンゼルス・レイカーズでプレイしていたミークスは昨季、キャリアハイとなる3P成功率40.1%を記録。
このオフにピストンズと3年1950万ドルの契約にサインしていた。

インサイドに強みはあるものの、アウトサイドシューターの不在に苦しんでいたピストンズだが、ミークスの加入によって厚みのあるオフェンスが期待できる。

なお、ミークスは先週の時点で腰の痙攣を訴えており、検査を受けたところ、腰の疲労性骨障害が発覚した模様。

ピストンズではガードのケンタビアス・カルドウェル・ポープも右膝を負傷したが、MRI検査の結果、深刻な怪我ではないと伝えられている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    怪我が多すぎる……
    まだプレシーズンだっていうのに、本選始まったらどれだけ怪我する人が出るんだろう。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      特に今年のオフは怪我が多いような気がしますよね。
      今までも怪我人続出のオフはありましたが、それを含めて試合時間短縮を検討してるんでしょうね。

*

CAPTCHA