【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント フェイダウェイジャンパーをチーターの狩りから学ぶ

ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアントは、史上最高のフェイダウェイジャンパーを持つ選手の1人だ。

しかし、ディスカバリーチャンネルがなかったら、今日のようなフェイダウェイジャンパーにはなっていなかったかもしれない。

ブラックマンバ(ブライアントの愛称)によると、フォーム改善を考えている時に見たテレビ番組に影響を受けたという。

「俺のフェイダウェイジャンパーを見てもらえれば分かると思うけど、常に足を伸ばしてるんだ。前はジャンプショットに問題を抱えてたけど、ある日ディスカバリーチャンネルを見てたら、チーターのシーンがあったんだよね。走ってるとき、チーターは尻尾でバランスをとってるんだ。鋭く切り返すときもね。それで、フェイダウェイジャンパーのときの足をチーターの尻尾のようにできないかって考えたのさ」

ブライアントがマイケル・ジョーダンのプレイスタイルを模倣しているのは周知の事実。

だが、ブライアントがまさかチーターを模倣しているとは誰も思っていなかっただろう。

自身のパフォーマンスを向上させるために、ブラックマンバはすべてを観察しているのだ。

もし自分のパフォーマンスレベルを高めたいなら、ブライアントのようにディスカバリーチャンネルを見て、野生の動物の動きをノートに記録しておくと良いかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    まさか動物の細かい動きすらも自身の一部に取り入れてるとは(・ω・)ノさすがNBA史上屈指の闘争本能の塊(・ω・)ノフィルが練習に関してはコービーが上と言うのもうなずけます(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      本当かどうかは分からないですが、本当なら異常ですよね(笑)

      ※いつも返信遅れてすみません(;_;)バタバタしてて、これからもちょっと遅れそうです(´;ω;`)

*

CAPTCHA