【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリーに期待を寄せるジェイソン・キッドHC

2013-14シーズンをロサンゼルス・クリッパーズでプレイしたジャレッド・ダドリーは、期待された活躍を見せることができなかった。

コーナーからの3ポイントは成功率43.2%、さらにチームディフェンスは見事にこなしてみせたが、その他の部分においてはドック・リバースHCの要求を満たすことができなかったといえるだろう。

先発をマット・バーンズに奪われたダドリーは、このオフにジェイソン・キッドHC率いるミルウォーキー・バックスへ移籍。

キッドHCは、ダドリーのアウトサイドショット、ディフェンス、そしてベテランならではのキャプテンシーに期待しているという。

「我々はロッカールームをまとめることができるベテラン選手が必要なんだ」

キッドHCはそう話す。

また、ダドリー本人はクリッパーズでプレイしていた昨季、膝の痛みに悩まされていたと話しているが、キッドHCは次のようにコメント。

「どんなアスリートもそれ(痛み)を経験してるんだ。怪我のせいでシーズンを不調のまま終わることだってある。でも、どうやって立ち直るかなんだ。機会を得たんだから、俺らは彼(ダドリー)の良いところを探すことにするよ」

ヤニス・アンテトクンポやジャバリ・パーカー、ジョン・ヘンソン、ラリー・サンダースらバックスの若手選手にとって、ダドリーはプロとしての姿勢を示してくれる存在となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA