【スポンサーリンク】

バイロン・スコットHC お粗末なディフェンスに怒りを表す

今季のロサンゼルス・レイカーズは不振を極めている。

その大きな問題は、やはりディフェンスにあると言えるだろう。

開幕10戦を終えた時点で、レイカーズの平均失点は112.1点。

もちろん、リーグワーストの記録だ。

チームのお粗末なディフェンスに、バイロン・スコットHCの堪忍袋の緒もとうとう切れた模様。

espn.go.comによると、日本時間17日に行われた対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦のハームタイム中に、スコットHCは選手たちを激しく叱責したという。

足が止まっていた映像をハームタイム中に選手たちに見せ、足を動かすよう叱責したスコットHCだったが、それでもレイカーズのディフェンスが変わることはなかった。

第1Qで34失点、第2Qで40失点を喫したレイカーズは、第3Qでそれを上回る41失点を喫してしまったのだ。

一方、ショットアテンプトの多さが気になるコービー・ブライアントについては「諸刃の剣」としながらも、次のようにコメントした模様。

「ほどほどのところを見つけないとね。我々は機能できる。どう機能するかは分からない。前から言ってるように、ほどほどのところを見つけ出してる最中なんだ」

開幕10戦で1勝9敗という成績に甘んじているレイカーズだが、このまま行けば1972-73シーズンにフィラデルフィア・セブンティシクサーズが記録した9勝73敗という成績に並ぶ恐れもある。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA