【スポンサーリンク】

背中から落下のカイリー・アービング「ただ激しく落ちただけ」

日本時間5日に行われたウクライナ代表との試合で、カイリー・アービングがコートに背中を激しく打ち付け、ロッカールームへ下がる事態に発展した。

リングに向かってドライブを仕掛けた際、アービングはウクライナ代表の選手と衝突し、腰から落下。

しばらく痛みでのたうち回ったアービングだが、トレーナーの肩を借り、足を引きずりながらロッカールームへと下がった。

状態が心配されるアービングは試合後、Twitterに次のように投稿している。

「全然大丈夫だよ。ただ激しく落ちただけ。気にしてくれてありがとう」

なお、この試合でアービングは約21分出場し、11得点、6アシスト、4スティールを記録。

チームUSAはウクライナ代表に95-71で勝利し、グループリーグ首位で決勝トーナメント進出を決めた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA