【スポンサーリンク】

後半に爆発したチームUSAがトルコに勝利!

日本時間9月1日に行われたチームUSA対トルコ代表の試合は、第3Qから爆発したチームUSAが98-77で勝利。FIBAバスケットボール・ワールドカップのグループリーグで2連勝を飾った。

前半を終えた時点で5点のリードを許していたチームUSAだったが、後半に入るとアンソニー・デイビスを中心にトルコ代表を圧倒。

第3、4Qだけで63点をあげたチームUSAが、21点差でトルコを下している。

チームUSAでは、ケネス・フェリードがチームハイとなる22得点、8リバウンド、2ブロックショット、3スティールを記録。

後半だけで全19得点(FG11本中8本)をあげたデイビスは、6リバウンド、2ブロックショット、2スティールをマークした。

チームUSAのマイク・シャシェスフキーHCは、次のように試合を振り返っている。

「我々が勝利に値したから勝ったんだ。選手たちはハートを出してプレイしていた。本当に良いチームが相手だったから、大きな勝利になったよ」

ゾーンとマンツーマンディフェンスを織り交ぜたトルコは、試合前半をコントロールすることに成功。

チームUSAのファウルにも助けられ、前半だけでフリースロー18本(うち13本成功)を獲得できたのも、大きな要因だろう。

勝利の立役者となったフェリードは、こう話した。

「この試合で俺たちは多くのことを学んだよ。勝利のためにはコツコツやらなきゃね。俺たちはアメリカ代表だし、勝たなきゃいけないんだ」

後半で爆発したデイビスは、「この試合のほとんどで彼ら(トルコ代表)はゾーンディフェンスを仕掛けてきた。出だしから緊張感を持って臨まないと。後半はできていたと思うよ。だからリードを奪うことができたんだ。」とコメントしている。

なお、トルコ代表のメンバーとして出場しているニューオーリンズ・ペリカンズのセンター、オマー・アシックは、6得点、8リバウンド、3ブロックショット(ゲームハイ)を記録するも、フリースローは5本中2本の成功に終わった。

グループCに含まれているチームUSAは日本時間3日にニュージーランド代表と、同4日にドミニカ共和国代表と、同5日にウクライナ代表と戦う予定だ。

⇒全スタッツはこちら

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アメリカ 16 19 31 32 98
トルコ 16 24 20 17 77

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    >>前半だけでフリースロー18本(うち31本成功)

    !!?

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      修正させていただきましたm(_ _)m

*

CAPTCHA