【スポンサーリンク】

マイルズ・ターナーのトレードにレイカーズなどNBA5チームが関心?

マイルズ・ターナーのトレードにレイカーズなどNBA5チームが関心?

再建期に入ると報じられたインディアナ・ペイサーズは主力陣をトレードで放出し、NBAドラフト指名権や若手有望株を集めると見られている。

NBAオールスタービッグマンのドマンタス・サボニス、NBAトップクラスのショットブロッカーであるマイルズ・ターナー、スコアリングに定評あるカリス・レバートの去就に特に注目が集まっているが、この中で最も需要があるのはターナーだろう。

ターナーはNBA有数のリムプロテクターであるだけでなく、3ポイントも撃つことができる貴重なビッグマンだ。

では、現時点でどのNBAチームがターナーに関心を寄せているのだろうか?

bleacherreport.comによると、ロサンゼルス・レイカーズ、シャーロット・ホーネッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ダラス・マーベリックス、サンアントニオ・スパーズがターナーのトレードに関心を持っているという。

レイカーズがターナーをトレードで獲得する場合、テイレン・ホートン・タッカーとケンドリック・ナンをトレード要員とする可能性がある。

ただし、ホートン・タッカーがトレード可能となるのは現地1月15日であるため、すぐにトレードが実現することはないだろう。

また、ペイサーズがホートン・タッカーを高く評価していない場合、ペイサーズは2027年もしくは2028年のNBAドラフト指名権もプラスして要求すると見られている。

一方、ウォリアーズはジェイムス・ワイズマンをトレード要員にすると噂されているが、ウォリアーズのフロントオフィスはワイズマンをトレードで放出しない方針を打ち出している。

いずれにせよ、3&Dのターナーがトレード市場で最も注目を浴びるひとりであるのは間違いないだろう。

果たしてターナーをトレードで獲得するのはどのNBAチームだろうか?

なお、ペイサーズのロスターには保証契約の選手がすでに15人登録されているため、ペイサーズはターナーのトレードで複数の選手を獲得する場合、ブラッド・ワナメイカーやケラン・マーティン、ジェレミー・ラムをトレードもしくはウェイブで放出すると噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA