【スポンサーリンク】

キャブスがケビン・ラブのトレードでラマーカス・オルドリッジ獲得を狙う?

クリーブランド・キャバリアーズはここ数年のNBAドラフトでコリン・セクストン、ダリアス・ガーランド、ケビン・ポーターJrといった若手有望株を獲得し、再建を狙っている。

だが、NBA2019-20シーズンはイースタン・カンファレンス最下位で終わり、プレイオフ復帰の兆しは見えてこない。

来季も厳しい戦いを強いられると予想される中、あるトレードの噂が浮上した模様。

Bleacher Reportによると、キャブスはサンアントニオ・スパーズとのトレードでケビン・ラブを放出し、ベテランビッグマンのラマーカス・オルドリッジ、および若手フォワードのケルトン・ジョンソンを獲得すれば、双方にとってウィンウィンのトレードになるという。

ラブはNBA屈指のアウトサイドシューターでもあるため、デジョンテ・マリーやデリック・ホワイトのドライブをより容易にするだろう。

一方、スパーズ移籍後のオルドリッジは期待されたパフォーマンスを見せることができず、常にトレードの噂が浮上している。

キャブスにはアンドレ・ドラモンドとトリスタン・トンプソンというベテランビッグマンがいるため、キャブスはオルドリッジの契約をバイアウトする、もしくはトレードで放出してNBAドラフト指名権獲得を狙う可能性もありそうだ。

果たしてこのトレード案は実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA