ロケッツ チェイス・バディンガーとの契約に興味ゼロ

【スポンサーリンク】

チェイス・バディンガー

先日、ミネソタ・ティンバーウルブズがチェイス・バディンガーの放出を検討していると報じられたが、それと同時にデトロイト・ピストンズやヒューストン・ロケッツがバディンガー獲得に興味を持っていると伝えられていた。

だが、ロケッツはバディンガーとの契約にまったく興味を持っていないようだ。the Houston Chronicleが報じている。

ジェイムス・ハーデンとドワイト・ハワードという2大スター選手を擁するロケッツは、未だにスター選手をひとり加えたいと考えている模様。

そのため、少しでもキャップスペースに余裕を持たせておきたいのだろう。

またここ2シーズン、負傷で100試合を欠場しているという点も、バディンガー獲得に動かない要因と考えられる。

なお、バディンガーは2009シーズンから2012-12シーズンまでロケッツに所属していた。

バディンガーはキャリア5年で274試合に出場(うち44試合で先発)し、平均9.0得点、3.3リバウンド、1.3アシスト、FG成功率42.8%、3P成功率35.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA