【スポンサーリンク】

キングスのマイケル・マローンHC「デマーカス・カズンズはNBAベストのビッグマン」

デマーカス・カズンズ

サクラメント・キングスは2005-06シーズン以来プレイオフに進出していない。

2008-09シーズン以降は30勝未満の成績に終わり、ドアマットチームのひとつに数えられていたキングスだが、今季は9勝7敗と好調だ。

好調を続けているひとつの要因が、デマーカス・カズンズの成長だろう。

今季15試合を終えた時点で、カズンズは平均23.5得点、12.6リバウンド、2.4アシスト、1.1スティール、1.5ブロックショット、FG成功率51.2%、フリースロー成功率80.6%を記録。

昨季までの4シーズンでテクニカルファウルを59回コールされているカズンズだが、今季の目標のひとつに「テクニカルファウル数を5以内に抑える」としており、レフェリーに詰め寄ろうとするマイケル・マローンHCをカズンズが止めるというシーンも今季は見られた。

sacbee.comによると、マローンHCは「カズンズがベストのビッグマン」と話しているという。

確かにカズンズは試合を支配する力を秘めているが、今のNBAで言うならば、ベストのビッグマンはニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスを挙げたい。

カズンズは24歳、デイビスは21歳と、両選手とも今後のNBAを担っていく逸材だ。

両選手の対決はますます注目を集めることになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    とりあえず今年はドワイトよりもアンソニー・デイビスやカズンスの方が目立ってますよね(・ω・)ノチーム成績ではなく個人スタッツの話ですけど(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ハワードはずっと欠場してますもんね。
      ちょっと気になるところです・・・

*

CAPTCHA