レブロン・ジェイムス コートサイドのカメラマンの位置に言及

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル第4戦で、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスがコートサイドのカメラマンに飛び込み、頭を怪我するハプニングが起こった。

試合後に頭を数針縫い、軽い頭痛を行った得ていたジェイムスだが、コートサイドのカメラマンの位置は近すぎると感じているようだ。ジェイムスのコメントをcleveland.comが伝えている。

 

「コート周りのカメラマンが占拠している場所について、7月の選手協会の会議で議題にあげるよ」

また、NBPAの代表を務めるミシェル・ロバーツもジェイムスの意見に賛同し、夏の会議で解決方法について話し合うとしている。

選手はもちろんカメラマンの安全を守るためにも、コートサイドにはある程度余裕を持たせるべきだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    選挙じゃなくて占拠ですかね(・ω・)ノレブロンのコメント部分です(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      助かりました!

*

CAPTCHA