ルー・ウィリアムス オファーしなかったラプターズに落胆

【スポンサーリンク】

昨季のシックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたルー・ウィリアムスはシーズン終了後に完全FAとなり、このオフにロサンゼルス・レイカーズと契約した。

チームのプレイオフ進出に貢献したウィリアムスはラプターズ残留を希望していたものの、ラプターズがウィリアムスにオファーを出すことはなく、最終的にレイカーズと契約。

これにはウィリアムスも落胆したようだ。ウィリアムスのコメントをthe Toronto Sunが伝えている。

 

「トロント残留を許されなかったことに少しがっかりしてるんだ。だけど事は起こるもの。前を向かないとね」

「プレイオフは(ラプターズの)みんなにとって苦いものだったと思う。プレイオフでの終わり方に俺ら全員が落胆した。(ラプターズの)チーム作りの一部でありたかったよ」

レイカーズから契約オファーがあった際、ウィリアムスはラプターズにマッチするチャンスを与えたものの、マサイ・ウジリGMがレイカーズのオファーにマッチすることはなく、ウィリアムスに対して「契約しろ」と伝えたという。

新たな環境を選択せざるを得なかったウィリアムスには、レイカーズでさらなる飛躍を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA