チャウンシー・ビラップス「ナゲッツはタイ・ローソンをトレードすべき」

【PR】

かつてデンバー・ナゲッツでプレイしたことがあるチャウンシー・ビラップスは、古巣の現状を嘆いている。

ジョージ・カールを解雇した後、ナゲッツは一度もプレイオフに進出することができず、挙句の果てには主力選手からトレード希望が出る有り様。

特に先発ポイントガードのタイ・ローソンの行動は目に余ると言っても過言ではないだろう。

レギュラーシーズン中からトレード希望を口にし、さらには練習を欠席。

また、今年のドラフト1指名でサクラメント・キングスがポイントガードではなく、センターを獲得したことを受け、「俺はキングスに行くことになるだろうね」と発言。

もはやナゲッツは眼中にない状況だ。

よほどローソンの言動が気になったのか、ビラップスはローソンについて次のように言及した。cbssports.comがビラップスのコメントを伝えている。

 

「タイはチームのリーダーとして求められてることをやってない。求められているリーダーシップを示してないんだ。(エマニュエル・)ムディエという名の若い選手がチームに入ってきた。このリーグでスターになれるチャンスが彼にはあると私は思ってる。現時点でナゲッツのベストプレイヤーはタイ・ローソンだよ。だけど19歳や20歳でリーグに入ってきた若手は、コート上、そしてコート外でベストプレイヤーの真似をしようとする。だってベストプレイヤーになりたいんだから。ムディエの幸せとムディエの成長のことを考えると、タイ・ローソンを動かさないといけない」

ただ、ナゲッツ側もローソンのトレードを計画している。

しかしながら、ローソンの引き取り手が見つからない状況が続いているようだ。

ローソンを含めたトレード交渉をダラス・マーベリックスと行ったとされているが、マブスはデロン・ウィリアムスとの契約が濃厚であるため、ローソンのトレードに応じることはないだろう。

リーグ屈指のスピードでディフェンダーを置き去りにし、小柄ながらも時にはダンクを叩き込むほどの身体能力を有するローソン。

彼に明るい未来はあるのだろうか?

あるとすれば、それはナゲッツではないことは確かだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読