カール・アンソニー・タウンズ “師匠”ケビン・ガーネットから多くを学ぶ

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズ再建の中心となるであろうカール・アンソニー・タウンズが、早くもケビン・ガーネットにさまざまな教えを乞いているようだ。

先月はロサンゼルスでガーネットと共に過ごしたというタウンズが、ガーネットのことを“師匠”と呼び、リーグで勝ち抜くための情報を引き出しているという。タウンズのコメントをNBA.comが伝えた。

「彼(ガーネット)は俺の師匠だよ。彼がこのリーグで高いレベルでプレイし続けてるし、彼が知ってるすべての情報を毎日引き出そうとしてる。より良いリーダーになるにはどうすれば良いか、チャンピオンになるにはどうすれば良いか学ぶことは、真のプロフェッショナルになることなんだ」

同じチームに偉大なプレイヤーがいるということは、若い選手の成長促進に繋がるだろう。

特に長年にわたってリーグを牽引し、熱いハートを持つガーネットの存在は、必ずタウンズにプラスに働くはずだ。

来季は共にコートに立つこともあるだろう。

サンアントニオ・スパーズでかつてデュオを組んでいたデイビッド・ロビンソンとティム・ダンカンのように、リーグを牽引するフロントコートとなれるか注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA