レイカーズのブランドン・バス 再検査で左膝蓋骨挫傷が発覚

【スポンサーリンク】

このオフにロサンゼルス・レイカーズと契約したブランドン・バスは、古巣ボストン・セルティックスとのプレシーズンゲームで左膝を負傷した。

自力で歩けたうえ、その後もプレイし続けていたため、大きな怪我ではないと考えられていたが、念のため日本時間8日にX線検査を受けた模様。

レイカーズによると、そのX線検査では状態がはっきり分からなかったようで、日本時間9日にMRI検査とCT検査を受けたという。

検査の結果、左膝の膝蓋骨挫傷が発覚。

これにより、バスはトロント・ラプターズとのプレシーズンゲームを欠場する予定。

ただし、重傷ではなく、毎日様子を見る状態であるため、長期離脱は免れることとなりそうだ。

なお、パワーフォワードのポジションでジュリアス・ランドルのバックアップとして起用される見込みのバスは、ここ3シーズンでわずか1試合しか欠場していない。

ちなみに、このオフにレイカーズと契約したマルセロ・ウエルタスは出入国手続きが難航しており、少なくとも9日までチームに合流できないとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA