ケンドール・マーシャルの父「スポーツには常に人種差別がある」

【スポンサーリンク】

昨年2月のトレードでミルウォーキー・バックスからフェニックス・サンズへ移籍した直後、ケンドール・マーシャルは解雇された。

そして、昨年夏にフィラデルフィア・セブンティシクサーズと契約。

マーシャルは現時点で9試合の出場にとどまっているが、マーシャルの父であるデニス・マーシャルは息子の起用法に納得していない模様。

デニスは白人プレイヤー、特にニック・スタウスカスを引き合いに出し、Twitterでこうコメントしたという。

「スポーツには人種差別がある。いつも私はそう言ってる。うまくプレイしていないにもかかわらず、白人プレイヤーのほうが良い多くのチャンスを得てるんだ」

「3P成功率27%でシューターだって?ディフェンスもできないのに、出場時間が長い。なんでだと思う?」

現時点でスタウスカスは平均23.2分の出場時間を獲得(ケンドールは平均16.2分)し、3P成功率30.3%(ケンドールは26.3%)を記録している。

デニスの発言がケンドールの言葉を代弁したものではないかという憶測も広がる中、ケンドールは次のように弁明した模様。

「俺の口から出てきたものじゃないよ。俺のソーシャルメディアから出てきた話でもない。彼(デニス)は大人。言うタイミングと場所が明らかに間違ってた。だが彼は言ってしまった。あれから彼は謝罪したんだ」

どうやらケンドールのほうが父親より良いメンタリティを備えているようだ。

とはいえ、今年も人種差別に焦点が当てられる悲しい結果となってしまった。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ケンドール懐かしいな…(・ω・)ノレイカーズに居たとき結構お気に入りの選手だったけど解雇されてショックだったの覚えてる…(・ω・)ノ今はラッセルがいるけどバックアップに欲しいなぁ…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そう仰っていたのを私も覚えています!
      ラッセルを先発に戻してほしいのですが、ルー・ウィリアムスが上向きなので、起用法が難しくなってきましたね(^_^;)

*

CAPTCHA