ドック・リバースHC コービー・ブライアントに現役引退について「ハッピー」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCにとって、今季限りで現役生活にピリオドを打つコービー・ブライアントの存在はやっかいなものだったことだろう。

ボストン・セルティックスを指揮していたリバースHCは、2008年のプレイオフファイナルでブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズと対戦。

4勝2敗でセルティックスがシリーズを制し、チャンピオンに輝いたものの、2009年のプレイオフファイナルではレイカーズに3勝4敗で敗れ、タイトル獲得を阻まれた。

そのリバースHCがブライアントとの激戦を振り返り、冗談交じりに次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「本当に嬉しいよ。コービーが引退したら、本当に嬉しい。彼は私に痛みをもたらしてきたからね。引退を楽しみにしてる。コービーにプレイし続けてもらいたいってみんな言うよね。それは本当のことじゃない。あの男は我々全員に痛みをもたらしたんだから」

「彼が毎晩どれほどハードにプレイしてきたか、私は忘れない。彼はタフでフィジカルだった。二つのシリーズ(2008年と2010年のファイナル)でコービーのメンタルが際立ったよね」

「我々はその才能を知ってる。だけど、彼をコーチングする、もしくはコーチとして彼と対戦するまで、彼のことは理解できないと思うよ」

ブライアント率いるレイカーズとリバースHC率いるクリッパーズの対戦は、日本時間7日が最後となる。

リバースHCにとってレイカーズとの2連戦は特別なものになることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA