セス・カリー マブスと2年600万ドルの契約に合意

【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーの実の弟であるセス・カリーが、ダラス・マーベリックスへ移籍する模様。

The Verticalによると、カリーはマブスと2年600万ドルの契約に合意したという。

キングスは先日、カリーに対するクオリファイングオファーを取り消したため、カリーは完全FAになっていた。

一方のマブスはこのオフ、ゴールデンステイト・ウォリアーズにゆかりのある選手を3人獲得。

カリーの他、FAフォワードのハリソン・バーンズと4年契約に合意すると、センターのアンドリュー・ボガットをトレードで獲得。

いずれもまだ正式成立していないが、モラトリアム期間終了後に正式成立となる見込みだ。

昨季のカリーはキングスでレギュラーシーズン44試合に出場し、平均15.7分のプレイで6.8得点、1.4リバウンド、1.5アシスト、FG成功率45.5%、3P成功率45.0%と、キャリアベストのシーズンを送った。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA