ドワイト・ハワード「ジェイムス・ハーデンとの間に問題はなかった」

【スポンサーリンク】

この夏にアトランタ・ホークス移籍を決断したドワイト・ハワードは、ジェイムス・ハーデンとの関係に問題があったと噂されていた。

それがホークス移籍を決断した理由のひとつとも言われているが、ハワードがハーデンとの関係悪化の噂を否定した模様。

ハーデンとの関係について、ハワードは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「物事がうまくいかない時ってあるよね。ジェイムスとの間に問題が起きたことは一度もなかったよ。彼がただ最高であれば良いって俺は思ってる。すべてのタイミングが少しだけずれてただけだと思うんだ」

「俺の周りにいた人間のことを攻撃するわけじゃない。ただ新たなスタートを切りたかった。新たな始まりだ。すべてを新しくしたかった。過去の荷物を持ってきたくない。彼ら(ホークス)は俺を信じてくれてる。この都市は俺を信じてくれてる。俺ならこの都市とこのチームに得てきたすべてをもたらすことができる」

キャリアも終盤に差し掛かりつつあるハワードだが、元オールスターセンターとしての力をホークスで発揮し、チームに勝利をもたらすことができるだろうか。

ハワードのパフォーマンスはもちろん、ハーデン率いるヒューストン・ロケッツとの対戦にも注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA