グレイビス・バスケス ウィザーズで復活したい

【スポンサーリンク】

昨年11月に足首を負傷し、ブルックリン・ネッツから解雇されたグレイビス・バスケス。

翌12月に足首を負傷し、2017-18シーズンからの復帰を目指すバスケスだが、学生時代に過ごしたワシントン州での復帰を希望しているようだ。

バスケスはホームチームであるワシントン・ウィザーズでの復帰を願っているという。バスケスのコメントを105.7 The Fan Baltimoreが伝えている。

「(ウィザーズでの復帰は)計画さ。彼らに興味を持ってもらいたい。俺が健康なのを彼らは確認したいだろうね」

「まだリハビリの途中なんだ。でも、今後3~4年をワシントンでプレイし、あのチームを助けることは、俺のキャリアにとって大きなこと。俺はどのチームでも助けることができるけど、俺にとってワシントンは特別なのさ」

ウィザーズはこのオフシーズン中にベンチ強化に動くと見られている。

バックアップポイントガードのジョン・ウォールが完全FAとなるが、バスケスが完全に健康を取り戻すことができれば、ウィザーズでの現役復帰もあり得るかもしれない。

なお、昨季のバスケスはネッツで3試合に出場し、平均13.0分のプレイで2.3得点、0.7リバウンド、1.7アシスト、FG成功率25.0%、3P成功率33.3%を記録。

キャリア7年を通してメンフィス・グリズリーズ、ニューオーリンズ・ホーネッツ、サクラメント・キングス、トロント・ラプターズ、ミルウォーキー・バックス、ネッツでレギュラシーズン通算401試合に出場し、平均23.7分のプレイで9.0得点、2.5リバウンド、4.8アシスト、FG成功率41.8%、3P成功率34.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA