クレイ・トンプソン 自身へのトレードオファーを断ったウォリアーズに「クール」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンには、大きなトレードの噂が2つ出ていた。

ひとつはポール・ジョージとのトレードでインディアナ・ペイサーズへ移籍、もうひとつはカイリー・アービングとのトレードでクリーヴランド・キャバリアーズへ移籍という噂だ。

だが、ウォリアーズはトンプソンの放出を一切考えておらず、この2つのトレードオファーを一蹴したという。

ウォリアーズのこの対応をトンプソンは喜んでいるようだ。トンプソンのコメントをThe Athleticが伝えている。

「本当にクール。ウォリアーズが俺を信頼してくれてることを示してるし、他のチームが成功のために俺を求めてることを示してる。感謝してるよ。これからもずっとトレードの噂が出るだろう。みんなそうだ。レブロン・ジェイムスとステフ(・カリー)は除外しないといけないかもね。ビジネスの一部さ」

「ただの噂。プロとして対応しなきゃいけない。このリーグにおいてアンタッチャブルなのは、5人か6人くらいかもしれないね。それ以外は想定しとかなきゃいけない。噂を耳にしたとき、それは自分が求められてることを意味する。ただ、ウォリアーズとまだ共にいることができて嬉しいよ。全キャリアをここで過ごしたい。素晴らしい場所だから」

ウォリアーズは主力選手のキープに成功し、かつニック・ヤングとオムリ・カスピの獲得でロスターをアップグレードした。

選手たちとフロントオフィスの信頼関係も良好であり、今のウォリアーズはどのチームよりベストの状態だろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA