ホーネッツのマリク・モンク 怪我の回復が遅れる

【スポンサーリンク】

ケンタッキー大学出身のシューティングガードであるマリク・モンクは、今年のドラフト11位指名でシャーロット・ホーネッツに入団した。

ホーネッツの未来を支える若手有望株として期待されているモンクだが、サマーリーグは足首の負傷で欠場。

当初は2~4週間程度の離脱と発表されていたが、どうやら回復が遅れているようだ。

the Charlotte Observerによると、モンクはようやく条件付きのトレーニングを開始できるようになったものの、2017-18シーズン開幕まで完全回復できない見込みだという。

つまり、開幕後しばらくは出場時間に制限がかかることになるだろう。

ホーネッツ期待のルーキープレイヤーだけに、完全回復後に復帰し、キャリアを磨いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA