ジャマール・クロフォード「俺ならロンゾ・ボールのシュートフォームは変えない」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールは、独特のシュートフォームで知られるプレイヤーのひとりだ。

これまで精度の高いショットを放ち続けたボールだったが、NBAではショットに苦しんでいる。

そのため、シュートフォームを改善すべきという声もあがっているが、ミネソタ・ティンバーウルブズのジャマール・クロフォードはボールのフォームを変えるべきではないと考えているようだ。クロフォードのコメントをCBS Sportsが伝えている。

「俺なら彼のフォームを変えない。彼はずっとあのフォームでやってきてるからね」

「スター。間違いなくスターだ。俺は彼のプレイを観るのが大好き。彼は正しい方法でプレイしてる。彼はスタッツのためにプレイしてない。アシストできると判断した時、彼はすぐにボールを出すことができる。彼は素晴らしいチームメイトなんじゃないかな」

ボールはショットに苦しんでいるものの、デンバー・ナゲッツ戦では2度目となるトリプルダブルを記録。

レイカーズは少なくとも今季中にボールのフォームを修正することはないとしているが、ショットタッチを取り戻すことができない限り、フォームに関する論争は続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA