【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー 右足首捻挫で2週間離脱か

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、日本時間5日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で右足首を捻挫した。

MRI検査の結果、構造的なダメージは見られなかったようだが、クリスマス前まで離脱することになるかもしれない。

ウォリアーズによると、カリーの足首はかなり腫れており、2週間後に再検査を受ける予定だという。

つまり、2週間離脱するということだろう。

ウォリアーズは明日、シャーロット・ホーネッツとロードゲームを戦う予定。

シャーロットはカリーのホームタウンであり、ペリカンズ戦終了後、カリーはホームのファンの前でプレイしたいという願望を口にしていたが、それが叶うことはなさそうだ。

なお、今季のカリーは23試合に出場し、平均32.6分のプレイで26.3得点、5.1リバウンド、6.6アシスト、1.7スティール、FG成功率47.3%、3P成功率38.1%(キャリアワースト)、フリースロー成功率93.3%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算597試合に出場し、平均34.6分のプレイで22.9得点、4.4リバウンド、6.8アシスト、1.8スティール、FG成功率47.6%、3P成功率43.5%、フリースロー成功率90.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA