カルロス・ブーザー 現役引退を発表

【スポンサーリンク】

元オールスターのカルロス・ブーザーが現役を退くことを決めたようだ。

ESPNによると、昨季を中国リーグで過ごしたブーザーが正式に現役引退を表明したという。

36歳のブーザーはNBA復帰を求めていたものの、ブーザーに興味を示すチームは現れなかったようだ。

ブーザーは2002年のNBAドラフト全体35位指名でクリーヴランド・キャバリアーズに入団すると、NBAキャリア13年を通してキャブス、ユタ・ジャズ、シカゴ・ブルズ、ロサンゼルス・レイカーズでプレイ。

レギュラーシーズン通算861試合に出場し、平均31.2分のプレイで16.2得点、9.5リバウンド、2.2アシスト、0.9スティール、FG成功率52.1%、フリースロー成功率72.2%を記録した。

キャリア中にはスケープゴートにされることもあったブーザー。

これからは平穏な時間を過ごしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA