【スポンサーリンク】

ラプターズのGM「フレッド・バンブリートは最優先」

イースタン・カンファレンス首位でプレイオフに進出するも、レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズにスウィープされたトロント・ラプターズは、このオフシーズン中にロスターの改革に踏み切る見込みだ。

オールスターのデマー・デローザンとカイル・ラウリー放出の可能性もあると報じられる中、キャリア2年目を終え、制限付きFAになるフレッド・バンブリートだけは例外なのかもしれない。

ラプターズのゼネラルマネージャーを務めるボビー・ウェブスターは、バンブリートについて次のようにコメント。TSN.caが伝えている。

「彼(バンブリート)は最優先。ここで罰金処分を科されたくない。だから、言えることは少ししかない。ただ、我々はフレッドを愛してるし、彼もそれを分かってる。彼は我々の最優先事項さ」

ドラフト外でラプターズに入団し、重要なベンチプレイヤーに成長したバンブリート。

2017-18シーズンのシックスマン・オブ・ザ・イヤー最有力候補のひとりにも挙がっているバンブリートに、ラプターズはさらなる成長を期待しているのだろう。

なお、今季のバンブリートはレギュラーシーズン76試合に出場し、平均20.0分のプレイで8.6得点、2.4リバウンド、3.2アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率41.4%を記録。

プレイオフでは6試合に出場し、平均19.0分のプレイで6.8得点、1.7リバウンド、2.2アシスト、FG成功率33.3%、3P成功率28.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA