ジミー・バトラー ウルブズでのプレイ続行を宣言か?

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズに対してトレードを要求したジミー・バトラーは先日、チームの練習に参加した。

セカンドユニットのメンバーとしてプレイし、コート上での支配力をまざまざと見せつけたというバトラー。

トレードの話し合いはいまだまとまらず、間もなく開幕を迎えようとしているが、バトラーはウルブズでシーズンを送る決心をしたのかもしれない。

The Athleticの記者によると、バトラーはプレイヤーのみのミーティングを主催し、その場で現状を説明すると共に、ウルブズのメンバーとしてシーズンを迎えることを伝えたという。

バトラーの残留を強く求めていたトム・ティボドーHCにとっては、朗報と言えるだろう。

ただし、2月のトレード期限までにウルブズが期待以上の成績を残さなければ、バトラーは再びトレードを要求するかもしれない。

ウルブズにとって今季前半は正念場となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA