トニー・ローテン エストニアリーグ移籍へ

【スポンサーリンク】

FAポイントガードのトニー・ローテンが、エストニアリーグでプレイすることを決断した模様。

hoopsrumors.comによると、ローテンはエストニアのチームとの契約に合意したという。

2012年のドラフト25位指名でメンフィス・グリズリーズに入団したローテンは、ルーキーシーズンを終えた後にトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍。

だが、2015年にシーズン全休となる右膝前十字靭帯断裂という重傷を負うと、その後はニューヨーク・ニックスに移籍するも解雇。

そしてグリズリーズに復帰したものの、再び解雇され、出場機会を得ることができなかった。

ここ最近はGリーグでプレイし、NBA復帰を目指していたローテン。

エストニアで自信を取り戻し、再びNBAに戻ってきてもらいたい。

なお、ローテンはNBAキャリア4年を通してグリズリーズとシクサーズでレギュラーシーズン通算145試合に出場し、平均21.2分のプレイで11.1得点、2.5リバウンド、3.0アシスト、0.9スティール、FG成功率41.3%、3P成功率23.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA