レブロン・ジェイムス「怪我しない限り座らない」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズは現地4日、ロサンゼルス・クリッパーズに敗れ、プレイオフ進出がますます難しい状況となった。

ウェスタン・カンファレンス8位のサンアントニオ・スパーズを5.5ゲーム差で追うレイカーズ。

現実的に考えるなら、レイカーズのプレイオフ進出は難しいだろう。

そのため、来季とドラフトに備えるためにレブロン・ジェイムスを休ませるべきとも声も聞こえ始めているが、レイカーズの首脳陣はもちろん、ジェイムス本人も休むつもりはないようだ。

ジェイムスによると、マジック・ジョンソンやルーク・ウォルトンHCはもちろん、チームの誰からも休養を進言されていないという。ジェイムスのコメントをESPNが伝えている。

「怪我しない限り、ゲームを座って観戦するつもりはない。(休養の)話はないよ。ただ、もうすぐ話があるんじゃないかな」

残りのシーズンで可能性を感じ、チームとしてステップアップを狙いたいというジェイムス。

まだプレイオフ進出の可能性が失われたわけではないが、残りのシーズンを土台作りの時間とし、来季に備えるのもひとつの手かもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA